かすみっくす

日々の思考の整理整頓のために。出てくることばをつらつらと。

やさしい世界

サックスは男性的だなと思う。

 

サックスに限らず、

吹奏楽器すべてそうなのかな?

この音を出すぞ、

このフレーズを吹くぞ、

って意思を

自分の中に立てて吹いてあげないと、

納得のいくものにならない。

っていうか音にならない。

 

昨日のレッスンでは、

それの具体的な方法として

口のくわえ方を教わった。

ローソク吹き消す感じの息の入れ方。

集中して息を入れることで、

喉とか口の中とか

他の部分に頼らなくても

勢いよく吹ける感じがした。

 

フレーズ吹くの苦手だったけど、

なんかできそうな気がする。

 

息を吹き続ける、

吐き続けるのに

こんなに意識が必要だとは思わなかった。

 

呼吸って無意識だから、

できるような気がしちゃうんだけど

全然違う。

 

自分の中で

確固たる何かを立てなくては

いけない感じがする。

それは難しく考えるものではなく、

あはは楽しーな、

うふふ面白いね、

で良いのだと思う。

 

が、

どうしても昔からのパターンの名残で、

うまくできるかなぁ

ちゃんとやれるかなぁ

どうせできないよなぁ

うわああん不安だよおおおおお><

なんて自分が渦巻いて、

どうしても

勢いつけて吹けないってのがあった。

 

まぁそんなところも

先生にはバレてて

都度つっこまれるのだが、

つっこみ方が褒めベースで

超ポジティブなので

なんか涙が出るほどありがたいなー

と思うのである。

 

先生の世界はいつも優しい。

羨ましいし自分もそうなりたいな、と思う。

f:id:youandme2087:20180221160249j:plain

言い訳の言い訳

自分にかける言葉はいつも辛辣だな、

と最近思うようになってきた。

 

先日、気が向いたので

気学の知識を使って

今年の傾向を書いてみた。

 

youandme2087.hatenablog.com

 

いろんな友人のことを

思い浮かべながら、

ねがいを込めながら、

書いててすっごく楽しかったんだけど

 

全部書き終わって眺めたとき

自分の星に対する部分だけ

いやにキツイというか、

突き刺すような言葉を使ってるな

と感じた。

ので、加筆修正してから投稿した。

 

どうしても、自分のこととなると

あれダメこれダメと言いたくなる。

 

とろいのはダメ、怒っちゃダメ、好き嫌いを出しちゃダメ、非効率なことはしちゃダメ、嫌われちゃダメ、好かれちゃダメ、迷惑かけちゃダメ、頼っちゃダメ、こんなこと言う自分はダメなやつ、ダメなやつ、ダメなやつ。

 

昔、クレヨンしんちゃん

オープニングであったね、

ダメダメ言うやつ。

何でもダメダメ、妖怪ダメダメ。

 

 

そんなダメダメを自分に言ってるのなぁ、

なんて思ってたら夢を見てね。

 

N◯Kのひとがきたから

居留守してたら、

去り際に窓からこっち向かって

蔑みの言葉をかけてくる感じの夢ね。

 

もう泣きそうだし壊れそうだったけど、

必死で無関心を装ってた。

つらかった。

ああもうこんな言葉を

自分にかけるのはやめよう、

って思った。

 

幸いぐうたらな年だから、

今までダメダメって思ってたことも

「ま、いっか!」で

済ませられそうな感じがする。

 

そして

自分にこう言っていたのは

おそらくやぎ座先生である。

 

※やぎ座先生って何ぞ?

って方はこちらを。

youandme2087.hatenablog.com

 

やぎ座先生は言葉も勢いも

なかなかきつい。

 

最近まで、ダメダメ言ってるのは

自分の中にいる

過去の母であり、

私はその言葉を受けた被害者だ、

という意識が

まだ少し残っていたんだけれど

 

星のことを知っていくうちに

特にやぎ座先生の存在に気づいた時

 

母が私にくれた言葉は

決してそれだけではないのに

わざわざその部分【だけ】を

私が、みずから、選び取って

脳内再生しているんだ

 

ってことがわかって

目が開かれる思いだった。

 

つまり、やぎ座先生が

私に対する厳しい教育の一環として

そこに目を向けるように仕向けてた。

 

ランドホテルでお茶した彼女は

「星は言い訳♪」って言ってて、

その考え方すごく好きなんだが

 

現時点での私の場合は真逆で、

星は

言い訳が言い訳であることを明らかにする

と感じている。

 

まぁ、言い訳が多いんだな。私は。

そしてそれが真実だと思い込んでる。

 

我ながら厄介な女だなと思うけど

ゆっくり付き合ってやろうじゃないか。

f:id:youandme2087:20180218222056j:plain

2018年2月4日-2019年2月3日

※FB投稿で

好評いただいてたので

一部加筆修正しつつ

ブログにも移管しときます。

 

気学的にみたこの一年は、

九紫火星の影響を受ける年。

 

本質を見つめる年。

あぶり出される年。

アーティスティックで華やかな一年。

ただし燃え尽きないように。

そして自ら燃え続けるように。

 

九星それぞれの

今年の傾向を書いてみました。

自分の属性をご存知ない方は、

こちらで

【本命星】を調べてください。

 

四緑木星さんは九紫火星さんの影響をさらに受けます。ひたすら自分の本質を見る。いいこともわるいことも。ど真ん中を見つめる。生活のペースは維持しつつも自分に教育を与えてあげてください。本を読んで知識を。行きたいとこに行って経験を。アートに触れて今までになかった視点を。などなど。意識的に持続させることが大切になってきます。ぐうたら生活も満喫してください。あ、生活のペースは維持、ですよ。

 

五黄土星さん、夜明け前です。あなたの覇道はあと1年ではじまります。来たるべくその日まで、英気を養いただひたすら脳に汗をかいてください。根っこを伸ばしてください。土台を固めてください。覇道をつっきるために。クールになりすぎてる自分をみつけたら、人とつながることを意識してみてください。縦だけではなく、横のつながりだとなお良いです。謙虚に。

 

六白金星さん、おはようございます。目の前の現実はまだなまってると思いますが、あなたは余念なく準備を重ねてきました。頭の中はたくさんの未来への可能性にあふれているはずです。ただ一方で、非常に慎重になっている面もあるんではないでしょうか。大丈夫です。今年は踏み固めるように少しずつ少しずつ、すべてを受け入れ、ゆるすつもりで、確実にすすめていきましょう。

 

七赤金星さん、メキメキいけちゃう年です。それはもう、ぶわわぁーっと。ひらめきを大切に。行動、行動、行動!部下やそれにあたる人物がいるのであれば、頼りにされることが多くなると思います。フレッシュさがまぶしいです。悩んで動けなくても大丈夫。それはあなたが最善の選択をしようとしているってことだから。初心を思い出して、より良い決断を。

 

八白土星さん、今年は広がります。国外、国内。ヒトも、モノも、カネも。お誘いが多いので交際費での散財には気をつけてくださいね。ありとあらゆる情報が入ってくるので優柔不断になりがちですが、本当に大切にしたいものや実現したいことを明確に持って取捨選択していけば大丈夫です。堅実な八白土星さんが珍しくふわつくので、女性であれば柔らかい雰囲気がありモテます。男性もジェントルが強調されるのでモテます。鬼に金棒です。グッドラック。

 

九紫火星さん、主役の年がきました!あんたが大将!よっ、千両役者!場も時も含め、みんながあなたの味方です。やりたかったこと、会いたかったひと、行きたかったところ、どんどん叶えていきましょう。気を良くしすぎてあぐらをかくと、味方がみんな敵にまわり激しくdisられるので気をつけてくださいね。感謝を忘れずに。ジェットコースターに乗っている気持ちで、一年楽しんでください。

 

一白水星さん、おつかれさまです。とりあえずは今年ひと息つけそうです。というか、ひと息ついたところをキープしてください。あなたはここ数年、駆け抜けてきました。少し引いて、自分がやってきたことを俯瞰して見てみてください。たくさんの発見があると思います。色々なアイデアが思い浮かんだりしやすいですが、言おうと思った言葉は発する前に一瞬止めて俯瞰して見てみましょう。言い過ぎや特に金銭面でのやりすぎ注意です。大工の棟梁のような、大らかな気持ちで。

 

二黒土星さん、豊かな年になりそうです。ただただ受け取ってください。実りを感じてください。人とお話しする機会を多く設けるといいです。楽しかったこととか、最近ハマってることとか。あなたの話を聞きたい人がたくさんいます。発する言葉に威力がある年になるので、相手の反応を見ながら言葉選びをしてくださいね。無理にたくさんの人に会うのではなく、気の合う人たちとおだやかな安心感を味わいましょう。自分の許容範囲で。

 

三碧木星さん、変革の年です。どこからともなく響く大改革の足音。住む場所、仕事、付き合う人。じわじわ、けれど確実に変わっていきます。環境が変わればあなたも変わります。発する言葉やモチベーション、根底にある思考・感情。信念がゆるぎます。ひっくり返ります。大丈夫、怖くはありません。あなたはその変革を受け入れる準備が整っています。望んだ変革であったことは、あとから気づくはずです。うまくいかないと感じたら、歩みを止めて深呼吸。自分のペースを取り戻しましょう。

 

以上、脳内情報と

経験値から書いてみました。

暗剣殺とかは考慮してないです。

 

昨日も書いたのですが

こういった統計学の類は、

自分の輪郭のほんの一部であり

全てではありません。

 

そしてこういうものって

元ネタがあって

そこをどう解釈するか、

というところが全てです。

 

気学でいうと

春夏秋冬があって、とか

今年の六白金星は

三碧木星の影響を受けるから、

とか。

そんな元ネタがあるんだけれど

 

 

人間って

ずっとがんばり続けることも

ずっと休み続けることも

できないんだから

 

それなら、

四季の遷り変わりを楽しむように

一日のうちに

仕事もブレイクタイムも楽しむように

 

どんな星の影響を受けようとも

その世界を満喫したほうが

絶対楽しい。

 

私はそう思っているので

上記のように解釈してます。

 

今年1年の参考になれば幸いです^^

 

f:id:youandme2087:20180217220436j:plain

星と人生

今日は

東北に嫁いだ友人が

こちらへ戻ってきてたんで

ディズニーランドホテルでお茶をば。

 

f:id:youandme2087:20180216211744j:plain

 

ランドホテルの

ドリーマーズラウンジは

天井が高くて

がやがやしないし、

椅子とかの調度品も

ふかふかで、やっぱり良いので

何度来ても楽しめる場所。

 

f:id:youandme2087:20180216211643j:plain

 

いつもはだいたい

ケーキセットなんだけど、

今日はちょっとお腹が空いてたから

ライトミールを。

ローストビーフのチャパタです。

 

f:id:youandme2087:20180216211724j:plain

チャパタって、

コッペパンのサンドイッチって意味だそう。

 

美味しかったー♪

 

今わたしがシフト勤務な関係で

なかなかタイミングが合わず

三度目?四度目?の正直で

やっとこ二人で会えました(*^^*)

 

なんやかんや

彼女も私も環境が変わって、

たくさんの人と

出会ったり別れたりする中で

自分とも出会いなおしてるな、と思う。

 

人生の指針となるもののひとつに

占星術とか気学とかマヤ暦とか

そういうものがあってもいいと、

私は思うし

 

むしろ7000年前の

インド占星術からはじまり

分岐し脈々と伝わり蓄積されてきた

これらの学問を活用しない手は無い。

 

もちろんその世界に呑まれるのではなく

自分というものの

ある一辺の輪郭を捉えるのに使うのが、

正しい使い方だと思っている。

 

特に気学は、自分の性質だけではなく

全部を習得するのが

最終目標みたいなところがあるから

自分自身をこうだ!と

決め付けるというよりかは、

自身のもつ性質を磨き

得意なこととか不得手なこととか

自分自身をよく明らめた上で

最大化し

より良い人生を送ることが目的になる。

 

彼女とはそういった部分の共通言語で

西洋占星術がある。

 

私は最近モーレツにハマりだしたのだが

彼女は造詣が深い。

(付け焼刃的と仰ってたけどそんなことは断じて無いw)

 

こういうのって、

ほんと解釈の世界だから

自分が感じたままで良いと思う。

 

そしてこの星の影響を

ちゃんと受け取れてるか、ってのが

実は大きなポイントだったりする。

 

自分の話だが

太陽星座・月星座ともに地星座である。

おうし座でやぎ座。

 

簡単に言うと、超リアリスト。

見えるもの触れるものの中に世界があり

モノやお金が大事。

 

特にやぎ座の部分は、

『学校の先生』要素が強く

なんでこれができないんだ

どうしてそんなことをするんだ

廊下に立ってろ!

的な、厳しい星座である。笑

 

ちょっと前までの私は

やぎ座先生による叱咤が恐ろしすぎて

真逆の、精神的な

ふわっとした世界に逃げ込んでいた。

学校で言うなら、
保健室登校してた。笑

 

昔のブログを読んでくださってる方は

ご存知のとおり

セッションもやってた。

 

これに関しては

MCうお座(無償の愛を提供する使命)があるから

それなりに向いてはいたんだけど

 

いかんせん、

MCより月星座のが根幹なイメージなので

やぎ座先生から

 

あんたね!そんなんでいいと思ってんの!?

もっと他に優先することあるんじゃないの!?

そんなんだからいつまでも駄目なんだよ!

 

と檄が飛び。笑

しり込みし意気消沈。

 

何かしようとすると、

やぎ座先生のチェックが入るのが常だった。

 

去年の6月から

不動産系の会社でお世話になりはじめ

どうやらこの仕事は

やぎ座先生の合格点をいただいたらしい。

 

と、いうのも

賃貸の仲介する上で

ひとつひとつの物件、

ひとりひとりのオーナーによって

運営の仕方も設備の捉え方も

まっっっったく違うから

都度都度、確認が必要になるし

 

例えば設備のエアコンが壊れた時

前回これだったけど

今回はこうするとか

閑散期だから礼金削るとか

繁忙期だから賃料上げるとか

タイミングによっても変わるから

毎度毎度、確認確認確認。

 

この確認するという作業が、

保健室登校

のほほんと夢の世界に逃げてた私を

一気に現実に引き戻した。

 

やぎ座先生は、どうやら

私をリアルの世界に戻そうと

必死にダメだしをしててくれたみたいだ。

 

つまり私は、

月やぎ座の良い影響を受け取れてなかったし

認識できてなかった。

リアルで厳しく、打算的で

お金が大好きな自分をw

 

保健室は、生まれ持った性格の

アセンダントかに座が用意してくれてた。

アセンダントかに座を端的に言うと、

おうち大好き、身内大好き、それ以外は敵。笑

 

大好きな身内に嫌われたくなかったから

お金が好きだなんて

卑しいこと言えないと思ってたし、

厳しい自分を出したら調和が乱れる、

と感じてた。

 

だからずっと

やぎ座先生は敵だとみなしてたんだろね。

 

彼女が、

かに座は脱皮して身内の範囲を広げていく

って教えてくれて

そっか、アセンダントかに座さんは

脱皮してやぎ座先生を身内にしたんだなって

なんかすごく腑に落ちた。

 

自分の中で、こうやって

星たちがドラマを作ってるのを知ると

めちゃくちゃ面白い。

 

さっきも書いたけど

占いの類は自分のほんの少しの

輪郭をかたちどっただけで

それがすべてではないから、

楽しんだもん勝ちだと思う。

 

そこから自分はどう感じるのかな、とか

自分はどうしたいのかな、とか

そういったことのほうが大切で

人生の主軸であるんじゃないかな。

田舎と都会

田舎でうまくやるためには

嫌われず、好かれず、

無難にやること。

嫌われるとやりづらい。

好かれてもやりづらい。

どちらも周りの目線があるから。

常に話題の対象になる。

井戸端会議のネタ。

今だと井戸端LINEなのか?

 

自分をネタにされたくない人は

誰かをネタにまつりあげて

自分への興味を回避しようとする。

そんなとこばかり躍起になる。

 

そんな人間関係本当に必要なんやろか。

 

ある程度

仕方のないところはあるのは重々承知だが

やはりアホくさいと思う。

 

生まれたころから、いや、

生まれる前から地域の影響は受けるから

特に私と同じような長子は

自分が物心つく前から用意されていたメガネを

一度脇に置く経験をした方が良い。

 

そのあとどうするかはその人次第、

親や親戚縁者は

メガネを強要するかも知れないけれど。

 

田舎も都会も経験して

自分なりの

コミュニケーションの答えを出すのが

最適だと私は考える。

 

どちらもメリットデメリットはある。

その人の気質にもより選べば良いと思う。

 

私は精神的に強い方ではないから

環境は

最優先で選ばなくてはいけないと思っている。

 

でないと自分自身がぶっつぶれる。

もしくはぶっつぶれないように

抵抗して暴れまわることになる。

 

そんなの誰も幸せにならない。

 

私自身、自分が合うのは

都会なんだか田舎なんだか、

まだわかりかねている。

 

ただ最近わかったのは

自分は

“都会で田舎コミュミケーションをやっていた”

ってこと。

 

嫌われないように、好かれないように。

そんなことを

東京に出てきて

がんばってやっていたんだけれど

 

生まれ育ちが

完全に東京都内の方々を見ていると

もうなんか全然違う。

 

嫌われるとか好かれるとか

そういう次元の話ではなくて

 

自分がどうしたくて

そのために何が必要で

どこまでが自分の範囲で

何が最適解なのか

 

非常にロジカル。

 

そんな中で、

せっまい田舎ルール背負ってたら

そりゃまぁ、苦しいわな。笑

 

しかしロジカルといえど

都会の人にも感情はあるわけで

たぶん感情というものに対して

違う捉え方が必要になるんだろうなと思う。

 

んーむむむ。

 

私の脳内では

ロジカルと感情が

ともすると両極端に振れるから

いい塩梅、っていうのは

トライ&エラーで覚えていくしかないんだろう。

 

都会の人の感情は、

まだよくわからん。

 

※田舎についてちょっと極端に書いてますが、もし私が田舎暮らしをするのであれば最低最悪の事態を想定したいのでそんな妄想になってます。ご了承くださいまし。

 

f:id:youandme2087:20180215235816j:plain

私は弱い

私は弱いし

すぐ心が折れる

身の回りの環境に

とても影響されます。

 

だから

 

自分のために

場所や身にまとうものや会う人

食べるものや自分に与える情報等、

環境を精査し整えます。

 

っていう当たり前の最優先事項を

自分にしてあげられてなかった、

と気づいたウァレンティヌスさんの命日。

 

精査し選ぶことは

別に選ばなかった何かを、

誰かを非難批判攻撃したいわけではなく

ただただ、私に合わない。

残念ね。

それだけ。

 

いまは絞って絞って、集中する時期なのだ。

深く深く観察する。

それはすなわち、私自身の純度を上げること。

f:id:youandme2087:20180214232031j:plain

いつか、安藤忠雄さんと、コルビュジェについて語りたいな。

サイコロと大地

あたまの中 その5

最近、ひとあたりが良いとか
話しやすいとか
接客がいいねと言っていただける

まぁ嬉しいんだけど
どうでも良い自分がいる

はぁ、そうですか。
よかったですね。
て感じ。

こないだたまたま
仕事で一緒になった方を見ていて

あーこのひとは
こういう仕事のワクに囚われていたくて
そんなワクにはまってる
自分が気持ちいいんだなーなんて思った

そう言っている自分。
そう行動してる自分。
そう見られるであろう自分。

それが気持ちいいんだねー。

はまってがんばってんだか
がんばってはまってんだか知らんけど
そんな自分を認めて欲しくて
見て欲しいんだなぁ

なんてのは
実際彼女に聞いたわけでもなく
想像でしかないわけで

さらに言うと、
過去に自分がそうだったから
勝手につなぎ合わせてるだけで
彼女の中では違うという可能性もある

鏡ってそういうことで
結局、すべて自分なんだね

彼女が教えてくれたのは
あの頃の自分

『自分』がわからなくて
自分の世界に『自分』がいなくて
不安定で
怖くて

『自分がある』ことに気付いてないから

自分以外の何かにしがみついてないと
自分以外の何かにこだわってないと
自分以外のワクにはまってないと
自分以外の事柄を知ってないと
自分以外の誰かに従わないと
自分以外の誰かの感情に乗らないと
自分をころさないと

存在しちゃいけない気持ちになる

自分があるんだって思い出して
自分の世界に自分が出てくるようになると

今まで入ろうともがいてたそのワクが
どんだけ小さくて
自分というのもが
どこまでも続く地平線のように
ワクとかいう概念すら
存在しない存在だったんだって思える

もうね、本来の自分からしたら
そのワクなんて
サイコロくらいの大きさよ。笑

どこまでも続く大地が
サイコロに入ろうなんて
馬鹿なこと言ってんじゃないよ。

無理無理。無理無理。

サイコロなんぞ放り投げて
大いなる地を楽しもう。
f:id:youandme2087:20170228113159j:image