かすみっくす

その人自身の得意とする方法で表現・循環できる場をつくり“生ききる”人を増やしていきます。

サイコロと大地

あたまの中 その5

最近、ひとあたりが良いとか
話しやすいとか
接客がいいねと言っていただける

まぁ嬉しいんだけど
どうでも良い自分がいる

はぁ、そうですか。
よかったですね。
て感じ。

こないだたまたま
仕事で一緒になった方を見ていて

あーこのひとは
こういう仕事のワクに囚われていたくて
そんなワクにはまってる
自分が気持ちいいんだなーなんて思った

そう言っている自分。
そう行動してる自分。
そう見られるであろう自分。

それが気持ちいいんだねー。

はまってがんばってんだか
がんばってはまってんだか知らんけど
そんな自分を認めて欲しくて
見て欲しいんだなぁ

なんてのは
実際彼女に聞いたわけでもなく
想像でしかないわけで

さらに言うと、
過去に自分がそうだったから
勝手につなぎ合わせてるだけで
彼女の中では違うという可能性もある

鏡ってそういうことで
結局、すべて自分なんだね

彼女が教えてくれたのは
あの頃の自分

『自分』がわからなくて
自分の世界に『自分』がいなくて
不安定で
怖くて

『自分がある』ことに気付いてないから

自分以外の何かにしがみついてないと
自分以外の何かにこだわってないと
自分以外のワクにはまってないと
自分以外の事柄を知ってないと
自分以外の誰かに従わないと
自分以外の誰かの感情に乗らないと
自分をころさないと

存在しちゃいけない気持ちになる

自分があるんだって思い出して
自分の世界に自分が出てくるようになると

今まで入ろうともがいてたそのワクが
どんだけ小さくて
自分というのもが
どこまでも続く地平線のように
ワクとかいう概念すら
存在しない存在だったんだって思える

もうね、本来の自分からしたら
そのワクなんて
サイコロくらいの大きさよ。笑

どこまでも続く大地が
サイコロに入ろうなんて
馬鹿なこと言ってんじゃないよ。

無理無理。無理無理。

サイコロなんぞ放り投げて
大いなる地を楽しもう。
f:id:youandme2087:20170228113159j:image