かすみっくす

日々の思考の整理整頓のために。地方出身、東京在住、三十路の日常。

田舎と都会

田舎でうまくやるためには

嫌われず、好かれず、

無難にやること。

嫌われるとやりづらい。

好かれてもやりづらい。

どちらも周りの目線があるから。

常に話題の対象になる。

井戸端会議のネタ。

今だと井戸端LINEなのか?

 

自分をネタにされたくない人は

誰かをネタにまつりあげて

自分への興味を回避しようとする。

そんなとこばかり躍起になる。

 

そんな人間関係本当に必要なんやろか。

 

ある程度

仕方のないところはあるのは重々承知だが

やはりアホくさいと思う。

 

生まれたころから、いや、

生まれる前から地域の影響は受けるから

特に私と同じような長子は

自分が物心つく前から用意されていたメガネを

一度脇に置く経験をした方が良い。

 

そのあとどうするかはその人次第、

親や親戚縁者は

メガネを強要するかも知れないけれど。

 

田舎も都会も経験して

自分なりの

コミュニケーションの答えを出すのが

最適だと私は考える。

 

どちらもメリットデメリットはある。

その人の気質にもより選べば良いと思う。

 

私は精神的に強い方ではないから

環境は

最優先で選ばなくてはいけないと思っている。

 

でないと自分自身がぶっつぶれる。

もしくはぶっつぶれないように

抵抗して暴れまわることになる。

 

そんなの誰も幸せにならない。

 

私自身、自分が合うのは

都会なんだか田舎なんだか、

まだわかりかねている。

 

ただ最近わかったのは

自分は

“都会で田舎コミュミケーションをやっていた”

ってこと。

 

嫌われないように、好かれないように。

そんなことを

東京に出てきて

がんばってやっていたんだけれど

 

生まれ育ちが

完全に東京都内の方々を見ていると

もうなんか全然違う。

 

嫌われるとか好かれるとか

そういう次元の話ではなくて

 

自分がどうしたくて

そのために何が必要で

どこまでが自分の範囲で

何が最適解なのか

 

非常にロジカル。

 

そんな中で、

せっまい田舎ルール背負ってたら

そりゃまぁ、苦しいわな。笑

 

しかしロジカルといえど

都会の人にも感情はあるわけで

たぶん感情というものに対して

違う捉え方が必要になるんだろうなと思う。

 

んーむむむ。

 

私の脳内では

ロジカルと感情が

ともすると両極端に振れるから

いい塩梅、っていうのは

トライ&エラーで覚えていくしかないんだろう。

 

都会の人の感情は、

まだよくわからん。

 

※田舎についてちょっと極端に書いてますが、もし私が田舎暮らしをするのであれば最低最悪の事態を想定したいのでそんな妄想になってます。ご了承くださいまし。

 

f:id:youandme2087:20180215235816j:plain