かすみっくす

日々の思考の整理整頓のために。地方出身、東京在住、三十路の日常。

コミュニケーションにおける感情というものについて

仕事でも旅行でも、誰かと何かを進めていく上でコミュニケーションは重要である。

人と人がコミュニケーションをとることは、感情があり、動き、それで行動が左右される。

 

と、いうのは私の思う世間の認識。

 

私個人の認識としては、

コミュニケーションは目的を達するためのツールのひとつであり、そこに感情は無くはないがそこまで重要ではなく、感情によって目的を諦めたりすることはあまりない。

というものである。

 

極端に言えば、嫌いな人と一泊旅行とかでもそれなりに楽しめる。

 

(しかしそもそも嫌いな人という概念がない。私の中にはいい人とどうでもいい人の軸がありそのグラデーションのどこかにいるイメージ。それくらいコミュニケーション上で感情は優先されない)

 

けれど、私の思う世間ってやつは感情を大切にしている。

感情ひとつで仕事が決まったりあるいは反故にされたり、怒鳴られたり褒められたりする。

 

コミュニケーションにおける感情の使い方がイマイチよくわからない・理解できない・表現できない自分は冷たいやつなんだ、経験が足りない未熟で劣った人間なんだ

とどこかで思った。

 

しかしながら人間関係、特に学生や女性同士ではそんなことやってたら完全ハブられる危険性がある。孤立する。

それは嫌だったし、当時の自分も周りもデメリットしかない。人間関係うまくやったほうが、はるかにメリットがある。

 

そう思った中学生の頃から長らくの間、コミュニケーション上での感情を意識したり、話す相手がどんな感情でいるのかを観察していた。

 

参考にできるところはないかと。

真似できるところはないかと。

 

トライ&エラーしながら、私なりのスタンスとしてコミュニケーションの目的は『その時その場をより最高に過ごしてもらうこと』というのも見えた。

 

しかしどうやらやはり私には感情コミュニケーションは向いてないことが最近わかってきた。 努力の甲斐あって一応はできるのだが、つかれる。家に帰ってきてから自分を取り戻す時間が相当かかる。難しく考えすぎてるのかも知れないし、あるいはやり方に無理があるのかも知れないけれど。

 

改めて自分の本来持つコミュニケーションというものを見てみると、すごくシンプルだということに気づいた。

 

知りたい!

知りたい!

知りたい!

 

それだけ。笑

 

何故だろう?

どうしてだろう?

理由は何?

どんな過去があったの?

どんな未来を見てるの?

何が好きだろう?

どうしたら喜んでくれるだろう?

 

とにかく知りたい。知ってどうするか、っていうとまだ自分でもよくわかってないんだけど、きっと何か伝えたいんだと思う。

 

あの人と合いそうだな

そういやこんな本があったな

これ余ってるし渡してみようかな

このキャラクター好きだって言ってたな

 

知っていく中でそんな風にひらめくから、それをやっていくのってすごい楽しい。私のコミュニケーションは世間ってやつからみたら外れてるし人によっては失礼に感じたり感情を逆撫ですることもあるんだろうけど、今までの感情をできるだけプラスに動かさねばならないと思い込んでいたつかれるコミュニケーションよりも何千倍も楽だ。

 

ちなみに上記のとおり、いい人-どうでもいい人の軸があるので、限りなくどうでもいい人にはこの『知りたい』は発揮されない。だってどうでもいいし。興味ない。勝手に知らされても。知的ハラスメント。知らんがな。

 

そういう意味では、私のいういい人は興味をそそられる人、なのだろう。魅力的で、知的好奇心を満たしてくれそうな人。だから私の周りには素敵な人とか面白い人が多いのかも知れない。

 

念のため言っておくと、コミュニケーション上での感情が関係しないのは対ヒトにおいてのみであり、コトとかモノには強烈に発揮される。

 

不快な音。

不快な感触。

不快な配色。

不快な味。

不快なにおい。

 

これらに対しては『嫌‼︎‼︎‼︎‼︎』という感情がめちゃくちゃ出る。なので例えば不快な咀嚼音を出す方とは食事しようとは思わない。けどお茶はするし、メッセージのやりとりもする。その場面を回避できればいい。ヒトが嫌いなわけじゃない。

そう。ヒトが大好きなんだ。

 

こんなことを書こうと思ったのは、たまたま何かの拍子でホロスコープを見ていてコミュニケーションを司る水星さんがノーアスペクトというのを知り、なんぞやと思ってググってみたら色々面白いことが書いてあったから。自分の望むコミュニケーションっておかしいと思ってたけどなんだこれで良かったのね、と腑に落ちたので記念に。

f:id:youandme2087:20180222232314j:plain